文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > まち・環境 > 原子力 > 第2回原子力に関する意見交換会

ここから本文です。

更新日:2016年3月11日

第2回原子力に関する意見交換会

概要

目的

東日本大震災を起因とした東京電力(株)福島第一発電所事故から5年が経過し、原子力発電を取り巻く環境が少しずつ変化してきました。原子力発電所立地自治体として、エネルギー政策や原子力発電所の安全対策など、地域住民の原子力に関する疑問や不安、関心事項などを聴き、原子力行政に生かしていくことを目的として意見交換会を開催しております。

概要

10月19日に「原子力に関する意見交換会」を開催し、市民の皆さまから疑問、要望、不安など多くの意見を賜りました。市民の関心事項は大まかに、対策、事故、必要性の3つに分類されました。(図1参照)

その分類のうち「必要性」というワードに着目し、まずはエネルギーの現状を知ることが重要であると考えます。

そこでエネルギーの現状を踏まえ、原子力の必要性について意見交換会を実施します。

日時:平成28年2月9日(火曜日)15時から17時

場所:原子力広報研修センター2階大研修室

意見交換会次第(PDF:31KB)

出席者名簿(PDF:37KB)

平成27年10月19日開催の意見交換会での市民意見を分類(図1)

iken_bunrui

講演会

演題:「誤解だらけの電力問題―日本のエネルギー政策の現状と課題―」

講師:21世紀政策研究所研究副主幹、国際環境経済研究所理事・主席研究員竹内純子氏

意見交換会では、「私たちにとって必要な情報って何?」をテーマとしてグループワークを行いました。そのために必要な知識として、日本のエネルギー政策の現状はどのような状況であるか、また、何の課題があるのかを勉強しました。講演の内容は、講演会での資料をご覧ください。

講演会講演会2

講演会での資料(PDF:3,973KB)

【Aさんからの質問】

温室効果ガス削減に関する主要国の約束草案の比較で、ベースとなる基準年度が各国(日本、米国、EU)で違うのはどういうことか。

【講師の回答】

各国は見栄えを気にする。

米国は2005年ころシェールガス革命が起きた。それまでは石炭。その後、掘削技術があがり燃料の転換ができた。化石燃料からの転換期を選択。

EUは1990年ころ東欧革命により、東ドイツと西ドイツが統合。統合により西ドイツの技術により発展。旧式設備からの転換期を選択。

日本は2013年に原子力発電所が止まり、電気不足を補うため化石燃料電源を稼働する。2013年の温室効果ガス排出量は過去最大。

これが各国の目標設定のからくり。

意見交換会

テーマ『私たちにとって必要な情報って何?』

趣旨

前回の意見交換会での、メリット・デメリット、疑問・不安などの関心事項についての意見は308件でした。皆さんの意見を聞いて新たな気づきを得た方も多かったのではと思います。

私たちは、立地地域の市民として、しっかり理解・納得できるだけのさまざまな知識を身につける必要があります。そのためには、どのような情報が必要だと思いますか。

身近な情報からグローバルな情報まで、「市民が知っておいた方がいい」「みんなが知りたいと思う」情報を指定の用紙に記入してください。

テーマ1「私たちにとって必要な情報って何?」

指定用紙

テーマについて意見交換している様子

意見交換1意見交換2

グループの意見を発表している様子

発表1発表2

各グループの意見(PDF:42KB)

浜岡原子力発電所の近況について

説明者:中部電力株式会社浜岡地域事務所総括・広報グループ榎尾部長

浜岡原子力発電所の近況についての説明がありました。

内容は、浜岡原子力発電所1,2号機の廃止措置状況、安全性向上対策工事の状況、現場対応力向上に向けた取り組み、発電所員の力量の維持・向上の取り組みについての説明でした。

浜岡原子力発電所の近況を説明をしている様子

中電近況説明1中電近況説明2

浜岡原子力発電所の近況について(PDF:4,623KB)

【Aさんからの意見】

質問ではなくお願い事項ですが、廃炉に伴って発生する放射性廃棄物L1~L3であるが、一般の人には数値を言われてもどの程度のものかわからないので、一般のものと比較して分かりやすいようにしてもらいたい。また、放射性廃棄物の最終処分は事業者だけでなく、国も入って一般の人に分かりやすいよう比較を用いて説明してほしい。

【中部電力からの回答】

一般の方に理解していただくよう、比較を用いて分かりやすく説明したい。

【Bさんからの意見】

2月7日の新聞に、免震棟の規模を縮小し対応すると報道されたようですが、どういうことか。

【中部電力からの回答】

実態と報道内容に相違があるようだが、当社の場合、必要な面積の実態に誤りはない。

御前崎市から

市では、原子力のホームページ開設を目指し準備を進めております。意見交換会で賜った意見を参考に、市民の皆さまが必要とする情報発信ができるよう努力していきます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部エネルギー政策課 

静岡県御前崎市池新田5885番地

電話番号:0537-85-1134

ファックス:0537-85-1137

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?