文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 各種計画 > 御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略

総合戦略策定の趣旨

わが国では、平成26(2014)年11月「まち・ひと・しごと創生法」を制定し、同年12月には「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定しました。これは少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくためのものです。

本市においても、人口減少や地域経済の縮小が顕著であり、現状のままでは人口減少の加速が見込まれることから、今後目指すべき将来の方向と人口の将来展望をまとめた「御前崎市人口ビジョン」(以下、「人口ビジョン」)を策定しました。人口ビジョンの策定に当たっては、本市における人口の現状を分析したうえで、今後の人口の変化が地域に与える影響を分析し、人口の将来展望を提示しました。

「御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略」(以下、「総合戦略」)は、法第10条1項の規定に基づき人口ビジョンを基礎資料として、本市が抱える地域課題を解決し、人口減少と地域経済縮小の克服、さらには、まち・ひと・しごとの創生と好循環の確立に向けて、短中期的な目標や方向性、具体的な施策をまとめたものです。

 

総合戦略の位置づけ

総合戦略の策定に当たっては、国や静岡県が定める総合戦略の基本的な考え方や政策の方向性をもとに、本市の特徴を勘案して計画づくりを行います。

また、平成28年度から始まる「第2次御前崎市総合計画」との整合と有機的な連携を図るとともに、国が示す4つの基本目標(※)を実現するものとして、総合戦略を位置づけます。

 

※国が「まち・ひと・しごと創生総合戦略」で掲げる政策の基本目標。具体的には、

(1)地方における安定した雇用を創出する

(2)地方への新しいひとの流れをつくる

(3)若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる

(4)時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守るとともに、地域と地域を連携する

の4つを指す。

 

計画期間

計画期間について、人口ビジョンは平成27(2015)年度から平成72(2060)年度までの45年間とし、総合戦略は平成27(2015)年度から平成31(2019)年度までの5年間とします。

 

・御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略_表紙(PDF:1,070KB)

・御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略_目次(PDF:117KB)

・御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略_本編・資料編(PDF:8,305KB)

・御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略_全体像(PDF:89KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部企画政策課企画政策係

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1161

ファックス:0537-85-1136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?