文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > まち・環境 > 土地 > 相続登記

ここから本文です。

更新日:2016年9月13日

相続登記

相続登記が放置されているため、所有者の把握が困難となり、まちづくりのための公共事業が進まないなどのいわゆる所有者不明土地問題が顕在化しています。

相続登記チラシ

相続登記チラシ(表)(PDF:509KB)

相続登記チラシ(裏)(PDF:478KB)

相続登記をした場合のメリット

不動産についての権利関係が明確になります。相続した不動産を売却しようとしたときに、すぐに売却の手続をすることができます。担保に入れて住宅ローンを組むことができます。

相続登記をしないデメリット

相続が2回以上重なると、誰が相続人となるのか、その調査だけで相当の時間が掛かり、相続登記の手続費用や手数料も高額となってしまいます。相続の手続に時間が掛かると、相続した不動産を売りたいと思ったときに、すぐに売ることができなくなるなど、思わぬ不利益を受けることがあります。

総務省ホームページ未来につなぐ相続登記(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:建設経済部管理課土地管理係

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1124

ファックス:0537-85-1147

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?