文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 熱中症に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

熱中症に注意しましょう

こんな日は熱中症に注意

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 急に暑くなった

暑さを乗り切る熱中症対策

涼しい環境

節電下でも冷房は大切です。屋外では日陰に入ったり、日陰がない場合は公共施設や涼しい場所などで体温を下げることも心がけましょう。

服装

通気性が良く、汗を吸収発散しやすいものを選びましょう。水に濡らして首に巻くネッククーラーや冷却パットなど便利な熱中症対策グッズを活用しましょう。

水分・塩分の補給

大量に汗をかいた時は、水分とともに塩分も補給しましょう。市販のスポーツドリンクや経口補水液などを活用しましょう。カフェインが多く含まれる緑茶や紅茶、アルコール類は水分を尿として排出してしまうため、お茶を飲むなら、麦茶などにしましょう。

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

程度

症状

めまい、筋肉痛、立ちくらみ、汗が止まらない

頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、
まっすぐに歩けない、走れない

熱中症になった時の処置

  1. 涼しい場所へ避難させる。
  2. 衣服を脱がせ、身体を冷やす。
  3. 水分・塩分を補給する。

症状が改善しない、意識がない時などは救急隊を要請しましょう。

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康づくり課 

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1123

ファックス:0537-29-8731

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?