文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 暮らし・手続き > 男女共同参画 > 男女共同参画社会をめざして

ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

男女共同参画社会をめざして

写真:御前崎市の木「ヤマモモ」

御前崎市の木「ヤマモモ」
市の木「ヤマモモ」は、市内に自生し、甘酸っぱい実をつける常緑の高木です。痩せ地にも耐え、周囲を自然災害から守る潜在能力を持ち、雄株と雌株が協力し合って実を結ぶヤマモモのように、男女共同参画のもとに自立できる社会を実現しましょう。

女性の社会的自立

社会は女性と男性が半分ずつで成り立っています。しかし、方針決定や主導的役割は、男性が担うことが多く、女性が能力を十分に発揮しているとはいえません。これまで女性は男性の補助的な役割を期待されてきました。この結果、女性は自分で考え、決定し行動する機会や能力を伸ばす機会が十分にありませんでした。男女共同参画社会を実現するためには、女性のエンパワーメントが不可欠です。女性があらゆる分野で意思決定の場に加わり、新しい価値や文化を生み出していくことが期待されています。

エンパワーメント

「力をつけること」と直訳されます。個々の女性が自らの意識と能力を高め、自分自身の生活と人生を決定する権利と能力を持ち、社会的・経済的・政治的な意思決定の力を持つことを意味します。

(広報おまえざき平成18年7月号掲載)

性差別用語

人を性によって区別することにより、性差別につながる言葉や表現をいいます。例えば「男らしい決断」、「女らしい優しさ」という表現は、性別によって人の特性を決めつけています。「女医」、「女流作家」というように、女性であることを強調する言葉や、「女だてらに」、「男勝り」というように、古くからの観念にとらわれた表現もあります。差別をなくすために、必要以上に女性と男性を強調する表現はやめましょう。

「言葉」は強い影響力を持っています。特に公的な場合において、その影響力は非常に広範囲になります。それだけに言葉の持つ意味を十分に理解し、またその使い方にも十分配慮して、適切な表現を心がけたいですね。いずれの性が優先される表現や固定的な観念にとらわれた表現を避け、男女いずれにも使用できる表現、対等な表現になるよう工夫しましょう。

男女共同参画策定委員会

茨城大学長谷川助教授による講演会のようす

御前崎市の男女共同参画行動計画を策定するための市民代表による「策定委員会」、市幹部による「庁内委員会」並びに市職員と市民による「庁内・市民検討会」の第1回合同会議が、8月8日市役所で開かれました。
野崎助役より委嘱書が交付され、担当より事業の概要説明が行われました。委員全員が男女共同参画に関しての共通認識を持ち、あらゆる施策に男女共同参画の視点を組み込んでいくことの重要性を理解するため、策定アドバイザーの長谷川幸介茨城大学助教授による「男女共同参画社会を目指して」をテーマに講演が行われました。
今後、3組織が連携しながら、具体的な行動計画を今年度中にまとめる予定です。また、市内の20歳以上の男女1,000人を抽出して実施する「男女共同参画住民意識調査」の結果や、タウンミーティングの意見なども反映させていきます。市民1人ひとりが、社会の構成員としてすべての活動に積極的に参画することで、豊かで活力ある社会や個性を発揮しながら生き生きと充実した生活を送れる社会の実現を目指します。

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:総務部企画政策課 

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1161

ファックス:0537-85-1136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?