文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 原子力防災 > 安定ヨウ素剤Q&A

ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

安定ヨウ素剤Q&A

Q.安定ヨウ素剤とは何ですか?

A.安定ヨウ素剤とは、「ヨウ化カリウム」を飲みやすい形状にしたものです。安定ヨウ素剤を予め服用することで、甲状腺に蓄積する放射性ヨウ素を減らすことができます。

→放射性ヨウ素とは

原子力発電所で事故が起きたとき、周辺に放出される放射性物質の一つです。甲状腺に溜まる性質があります。

Q.いつ服用するのですか?

A.県と市が服用のお知らせをしてからです。「全面緊急事態」に至った時点で、原則として国の指示に基づいて、防災行政無線などでお知らせしますので、それまでは服用しないでください。

安定ヨウ素剤の効果は服用後24時間とされています。服用するタイミングによっては十分な効果が得られませんので、必ず指示に従って服用してください。

Q.副作用はどのようなものですか?

A.1回の服用で重大な副作用の発生は極めて稀ですが、症状としては嘔吐、発疹、胃痛、下痢、頭痛などが報告されています。安定ヨウ素剤の成分またはヨウ素に対し、過敏症の既往歴のある方は、副作用が発生する恐れがあるため服用できないことがあります。

Q.服用できない人は災害時にどうすれば良いですか?

A.「御前崎市原子力災害広域避難計画」により、安定ヨウ素剤の服用が不適切と判断された方や要配慮者(高齢者、障がい者、乳幼児等)は、「施設敷地緊急事態」の段階(一般の住民よりも一段階早いタイミング)で避難を実施していただくことになっています。

Q.どのくらい服用するのですか?

A.3歳以上の方は丸薬を服用します。3歳以上13歳未満は丸薬1個、13歳以上は2個を、水などと一緒に飲んでください。

生後1ヶ月以上3歳未満の方は、ゼリー剤1本を服用します。お湯やミルクなどに溶かして飲むこともできます。生後1ヶ月未満の新生児には、新生児向けのゼリー剤がありますが、服用する期間が1ヶ月と短いことから、説明会では配布対象としません。万が一の原子力災害時には、公的機関で備蓄しているものを配布します。

お問い合わせ

所属課室:危機管理部危機管理課 

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1119

ファックス:0537-85-1143

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?