文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ここから本文です。

更新日:2016年5月1日

印鑑登録

印鑑登録とは

市役所に登録し、公的に本人の印鑑であると認められたものを「実印」といいます。実印は住所登録地に1人1個登録でき、各種の取引や不動産の登記、相続のときなどに重要な役割を果たします。そのために登録できる方や登録できる印鑑は次のような条件があります。

登録できる方

御前崎市に住民登録をしている満15歳以上で成年被後見人でない方

登録できる印鑑の印影

日本人の方

  • 住民票に記載されている氏名、氏もしくは名、または氏名の一部を組み合わせたもの

外国人住民の方

  • 住民票に記載されている氏名、氏もしくは名、または氏名の一部を組み合わせたもの(アルファベット)
  • 住民票に記載されている通称の全部または一部

登録できる印鑑の規格

  • 一辺の長さが25mmの正方形に収まるもので、かつ8mmの正方形より大きいもの。

登録できない印鑑の例

条件を満たしていても、次のような印鑑は登録できません。

  • 職業・資格・その他氏名以外の事項を表しているもの。
  • ゴム印・その他の印鑑で変形しやすいもの。
  • 欠けたり、すり減ったりして印影が不鮮明なものや文字の判読が困難なもの。
  • その他、市長が登録を受ける印鑑として適当でないと認めるもの。

量産されている印鑑(三文判)でも登録はできますが、同一のものが多数存在するため登録するものとしては好ましくありません。

印鑑登録の方法

  • 本人が登録する場合は、登録する印鑑と、本人であることが確認できる官公署が発行した顔写真付の身分証明書(運転免許証・パスポート等)を持参し申請して下さい。
  • 身分証明書をお持ちでない場合は、保証人を立てていただきます。保証人になることができるのは、御前崎市内に印鑑登録がしてある方です。本人が登録する印鑑と、保証人が登録してある印鑑と印鑑登録証を持参して、保証人と一緒に申請して下さい。
  • 代理人による申請(代理人選任届または委任状が必要)や本人と確認できる書面がない場合でも申請はできますが、即時登録はできません。この場合、登録される本人あてに文書による照会をします。照会書に対する回答を持参されたときに登録が完了し、証明書を発行することが可能になります。

代理人選任届様式

印鑑登録をすると印鑑登録証(カード)が交付されます。

印鑑登録証明書

  • 印鑑登録証明書とは、登録してある印鑑の印影について証明する証書です。
  • 印鑑登録証明書が必要な場合は、印鑑登録証(カード)を持って窓口で請求してください。
  • 印鑑登録証の提示がないときや、登録してある本人の住所、氏名、生年月日が正確に記載されない場合、証明書は交付されません。
  • 前市区町村で作った印鑑登録証明書は使用できません。

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:市民生活部市民課

電話番号:0537-85-1117

ファックス:0537-85-1141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?