文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 結婚・離婚に関する手続き > 離婚の際に称していた氏を称する届

ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

離婚の際に称していた氏を称する届

届出期間

  • 離婚の日から3ヶ月以内(離婚届と同時の届出もできます。)

届出場所

  • 届出人の本籍地又は所在地

届出人

  • 離婚により婚姻前の氏に戻る又は戻った人

届出に必要な物

  • 届出人の印鑑
  • 離婚の際に称していた氏を称する届書(戸籍法第77条の2の届書)
  • 戸籍謄本(本籍地以外に届出する場合のみ)

休日及び夜間に届出をされる方にお願い

届出は、休日及び夜間(午後5時から翌朝8時15分まで)でも受付ています。その際は、日直又は警備員がお預かりしますが、届書の審査や添付書類等の確認は後日行います。そのため、書類に不備がある場合は、受理できないこともあり、再度来庁していただくことになります。事前に市役所市民課又は支所において届書と添付書類の確認をしていただきますようお願いします。また、届書下欄の連絡先は必ずご記入ください。

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:市民生活部市民課

電話番号:0537-85-1117

ファックス:0537-85-1141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?