文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 公的個人認証サービス

ここから本文です。

更新日:2015年12月23日

公的個人認証サービス

マイナンバー制度開始に伴う公的個人認証サービスの電子証明書について

平成28年1月より、これまでの住民基本台帳カード(以下住基カード)に代わり、申請者には個人番号カードが交付されます。これに伴い、住基カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書の交付は平成27年12月22日をもって終了となり、個人番号カードに格納する新しい電子証明書となります。

個人番号カードに格納する電子証明書について

個人番号カードには基本的に電子証明書が格納されています。(15歳未満の方、成年被後見人、格納を希望しなかった方を除く)このため、初回の交付に限り無料で電子証明書を交付しますが、個人番号カードの紛失等により、一度失効した電子証明書の再登録をする場合は手数料200円をいただきます。

すでに住基カードに格納されている電子証明書について

平成28年1月以降も、有効期限満了または転居等による失効まで引き続きご利用いただけます。ただし、個人番号カードの交付を受けた場合はその時点で失効し、住基カードも返納するため、個人番号カードの電子証明書に代わります。

注意事項

個人番号カードは本人が交付申請する必要があり、申請から交付までに期間を要するため、確定申告等の手続きに間に合わない可能性があります。ついては、下記のような対応をお勧めします。

  • 住基カードに格納されている電子証明書の期限が切れる前に確定申告等を完了させる
  • 早期に個人番号カードを申請し、交付後に確定申告等を実施する(初回無料)

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:市民生活部市民課

電話番号:0537-85-1117

ファックス:0537-85-1141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?