文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長 > あいさつ

ここから本文です。

更新日:2018年1月19日

あいさつ

sichou2

はじめに

新年明けましておめでとうございます。皆さまには、健やかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

平成29年を振り返って

4月からは、政策を戦略的に展開するため、機構改革を断行しました。これに伴って、5月には戸籍や国民年金、環境、上下水道、道路整備、農林水産など生活に密着する窓口を本庁1階へ、健康福祉部を西館に集約し、7月末日には教育会館から本庁3階へ教育部を移すなど、新たな行政サービスがスタートしました。

8月には帆船海王丸の寄港や浚せつ船清龍丸の訓練、さまざまな夏イベントで御前崎港周辺を中心に、多くの人々がお越しくださり、御前崎がにぎわいました。1月から放送された大河ドラマで新野左馬助公も注目を集め、歴史・文化の発信ができた年であったとも感じます。

スポーツ分野での市民の活躍も多く、市を活気づけてくれた1年でもありました。8月にはイギリスロンドンで行われた世界陸上で、本市出身の飯塚翔太選手らを擁した日本チームが4×100メートルリレーで銅メダルを獲得されました。また、ウインドサーフィンの世界大会「アロハクラシック2017」のユースクラスで、大山区の石井孝良選手が優勝。新谷区の渡邉圭さんが第52回全日本サーフィン選手権シニアクラスで優勝。大山区の脇宏光さんが静岡県代表として臨んだ第1回都道府県対抗弓道大会で優勝など、全国さらには世界へスポーツのまち御前崎を発信した年でもありました。

平成30年も市民と共に

市政14年目を迎える平成30年は、引き続き「第2次御前崎市総合計画」と「御前崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略」で定めた目標を、着実かつスピード感を持って推進してまいります。また、交流人口増やし、定住化を促進するために、にぎわいの創出を目指します。「御前崎に住んでみたいな」「もう一度、御前崎に行きたいな」そういった人を増やすことがにぎわいにもつながり、定住にもつながります。シティセールス事業で取り組むスポーツによるまちづくりと併せて、シティプロモーション計画に沿って市民、団体、行政が一体となってさらなる魅力の発信に努めます。

成人式について

1月7日、市内で成人式が開催されました。当日は、飯塚翔太選手とおんな城主直虎で地元の武将、新野左馬助公を演じた苅谷俊介さんから新成人へ祝福のメッセージが届けられました。また、成人式は、恩師や仲間との再会の日でもあります。この御前崎市で育ち、学んだことに誇りをもち、今後の人生を着実に歩んでいただくことを願っております。洋々とした大海原に夢と希望を乗せて、船出してゆく成人となる方々の前途を祝福し、心からエールを贈りたいと思います。

むすびに

厳しい寒さが続きますが健康に十分ご留意ください。本年一年のご多幸をお祈りいたしております。

 

御前崎市長栁澤重夫

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課 

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1132

ファックス:0537-85-1136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?