文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > お役立ちコーナー > お役立ちコーナー:税金 > 4月に死亡した父の名義で納税通知書が届いたのですが・・・

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

4月に死亡した父の名義で納税通知書が届いたのですが・・・

質問

私の父は平成29年4月に死亡しましたが、同じ年の5月に平成29年度の納税通知書が送られてきました。どうしたらいいですか?

回答

軽自動車税は毎年賦課期日(4月1日)に軽自動車をお持ちの方に納めていただく税金です。したがって賦課期日以降に亡くなった人に対しては、平成29年度の軽自動車税は課税されますので相続人が納税義務を引き継ぐことになります。また、廃車する(スクラップにする)場合は廃車の手続きを、継続して使用する場合は名義変更の手続きをお願いします。上記の手続きについては、購入先(モータース等)で手続きの代行をしてくれます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課資産税係

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1114

ファックス:0537-85-1138

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?