文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 熱損失防止(省エネ)改修工事をした既存住宅の固定資産税減額措置

ここから本文です。

更新日:2013年3月29日

熱損失防止(省エネ)改修工事をした既存住宅の固定資産税減額措置

平成20年4月1日から平成29年12月31日までの間に、一定の熱損失防止(省エネ)改修工事を実施し、工事終了後、3カ月以内に関係書類を提出した場合は、翌年度分の税額を3分の1減額します。

減額の範囲

  • 120平方メートル分(住宅部分)までの固定資産税額

適用住宅

  • 平成20年1月1日以前から所在する住宅

要件

  • 平成20年1月1日現在存在している住宅に対し省エネ改修工事を行うこと(ただし賃貸住宅を除く)
  • 工事費用が30万円以上のもの
  • 工事の内容(1.~4.までの工事のうち、1.を含む工事を行うこと)
  1. 窓の改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)
  2. 床の断熱改修工事
  3. 天井の断熱改修工事
  4. 壁の断熱改修工事

提出書類

注意事項

新築住宅特例や耐震改修特例が適用されている年度には適用できません。バリアフリー改修と同年に行った場合は、同時に適用可能です。工事完了後、3カ月以内に関係書類が提出されない場合は、対象外となりますのでご注意ください。

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課資産税係

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1114

ファックス:0537-85-1138

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?