文字サイズ変更
拡大
標準
縮小
  • Foreign Language
色合い変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 音声読み上げ

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 長期優良住宅に対する固定資産税の減額

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

長期優良住宅に対する固定資産税の減額

長期にわたり良好な状態で使用するための構造などを備えた住宅の普及を促すため、新築住宅のうち「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定される「認定長期優良住宅」について固定資産税の減額制度が創設されました。

減額の用件

  • 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の施行日(平成21年6月4日)から平成30年3月31日までに新築されたもの
  • 同法の規定に基づき、耐久性や安全性耐久性や安全性などの住宅性能が一定基準を満たすものとして行政庁の認定を受けて新築された住宅であること
  • 床面積が50平方メートル(戸建以外の貸家住宅は40平方メートル)以上280平方メートル以下の住宅であること
  • 居住部分の割合が全体の床面積の2分の1であること

減額期間

  • 一般の住宅…新築後5年間
  • 3階建以上の準耐火構造住宅…新築後7年間

軽減される範囲・内容

  • 1戸あたり120平方メートルに相当する部分の固定資産税額の2分の1を減額

減額をうけるための手続き

減額を受けようとする対象住宅の所有者は、新築した年の翌年の1月31日までに必要書類を市役所税務課へ提出してください。

必要添付書類

お役立ちコーナー

お問い合わせ

所属課室:総務部税務課資産税係

静岡県御前崎市池新田5585番地

電話番号:0537-85-1114

ファックス:0537-85-1138

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?