難病患者の方も障がい福祉サービスが利用できます

「障害者自立支援法」から「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」への法改正で、障がい者の範囲が見直されました。 制度の谷間のない支援を提供する観点から、障がい者の定義に新たに難病等(治療方法が確立していない疾病その他の特殊な疾病であって、政令で定めるものによる障がいの程度が厚生労働大臣が定める程度である者)を追加し、障がい福祉サービス等の対象となりました。

  • 難病患者等で、症状の変動などにより、身体障害者手帳の取得ができないが一定の障がいがある方々に対して、障がい福祉サービスを提供できるようになりました。
  • 受けられるサービスが、ホームヘルプサービス、短期入所、日常生活用具給付だけでなく、障害者総合支援法に定める障がい福祉サービスに広がります。
この記事に関するお問い合わせ先
福祉課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1121
ファックス:0537-85-1144

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月09日