障害者の税金の減免

障害者手帳をお持ちの方が、税金の減免を受けることができる場合があります。

税金の特別措置

所得税

  • 障害者控除
    本人、配偶者、扶養親族が身体障害者手帳3~6級、療育手帳B判定又は精神障害者保健福祉手帳2、3級の場合、所得控除27万円
  • 特別障害者控除
    本人、配偶者、扶養親族が身体障害者手帳1、2級、療育手帳A判定又は精神障害者保健福祉手帳1級の場合、所得控除40万円
  • 同居特別障害者扶養控除
    特別障害者を同居して扶養している場合、所得控除35万円

お問い合わせ:掛川税務署

電話:0537-22-5141

市県民税

  • 障害者控除
    本人、配偶者、扶養親族が身体障害者手帳3~6級、療育手帳B判定又は精神障害者保健福祉手帳2、3級の場合、所得控除26万円
  • 特別障害者控除
    本人、配偶者、扶養親族が身体障害者手帳1、2級、療育手帳A判定又は精神障害者保健福祉手帳1級の場合、所得控除30万円
  • 同居特別障害者扶養控除
    特別障害者を同居して扶養している場合、所得控除23万円
  • 前年の所得額が125万円以下の障害者の場合、非課税

お問い合わせ:市役所税務課

電話:0537-85-1114

軽自動車税

  • 身体障害者(児)、知的障害者(児)又は精神障害者のために使用する軽自動車、一人に1台全額免除

お問い合わせ:市役所税務課

電話:0537-85-1114

相続税

  • 普通障害者の場合、70歳から現在の年齢を引いた数に6万円を掛けた金額を税額免除
  • 特別障害者の場合、70歳から現在の年齢を引いた数に12万円を掛けた金額を税額控除

お問い合わせ:掛川税務署

電話:0537-22-5141

個人事業税

  • 全盲又は矯正視力の和が0.06以下の方が行う「あんま・はり等医療」に類する事業は、非課税

お問い合わせ:磐田財務事務所

電話:0538-37-2206

自動車税・自動車取得税の減免

  • 対象となる障害の等級は、車の所有者及び運転者により異なる場合があります。
  • 申請は普通自動車の場合磐田財務事務所、軽自動車の場合市役所税務課が窓口になります。
  • 自動車の名義及び運転者によって生計同一証明書が減免申請に必要な場合があります。
  • 車の所有形態・運転者により減免申請に必要な書類が異なります。

生計同一証明書の発行に必要なもの

  • 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳
  • 運転免許証
  • 印鑑(車の納税義務者の印鑑)
  • 自動車検査証(新たに自動車を購入する場合は不要)

精神障害者の生計同一証明書の発行は、西部健康福祉センター障害福祉課が窓口になります。

この記事に関するお問い合わせ先
福祉課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1121
ファックス:0537-85-1144

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月09日