AED(自動体外式除細動器)設置施設一覧

市内のAED設置施設について

AED設置施設のステッカー

御前崎市内のAED設置施設をお知らせします。設置施設には、上のようなステッカーが張られています。

設置箇所については、下記の一覧表をご覧ください。

AED(自動体外式除細動器)

AED本体

設置されているAEDは上のような箱に入っています。

AEDとは

英語で、「AutomatedExternalDefidrillator」の頭文字をとってAEDといい、日本語では自動体外式除細動器と呼ばれています。AEDは、呼吸や脈拍が停止した傷病者の心電図を自動解析し、除細動(電気ショック)が必要な場合に音声等の指示により除細動を実施する安全性の高い機器です。機器が操作要領を音声で案内するため、たまたま現場に居合わせた市民の方でも使用が可能です。日本国内においては、平成16年7月に厚生労働省から見解が出され、医師等の医療従事者以外による使用が可能になりました。

除細動とは

「細動」を「除く」という意味で、一般的に心臓に与える電気ショックのことを言います。正常な働きができず、全身に血液を送り出すことが出来なくなっている心臓に対して、外部から電気的刺激を与えることにより、心臓の異常な興奮を抑制して、正常な刺激の発生と心臓の動きを取り戻すきっかけを作ってあげることです。

AEDの使い方

電源を入れ、電極パッドを胸に貼り付けると心電図を解析して電気ショックを与えるべきかを調べます。電気ショックが必要と解析した場合には、機械の指示に従ってスイッチを押すと電気ショックを与えます。従来の除細動器は医師などの専門家が使用することを想定されているため手動式ですが、空港等公共の場に配備されている自動体外式除細動器(AED)は、操作を自動化して医学的判断ができない一般の人でも使えるように設計されています。操作はいたって簡単で、AEDの発する指示音声に従ってボタンを押すなど2~3の操作のみで、取り付けもピクトグラムで分かりやすく説明されており、医療知識や複雑な操作なしに電気的除細動が実行されます。

AEDによる除細動の施行と併せて、そばにいる者が心臓マッサージ・人工呼吸を継続して行うことも救命のために絶対不可欠となります。

この記事に関するお問い合わせ先
危機管理課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1119
ファックス:0537-85-1143

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月09日