御前崎市公共施設等総合管理計画【方針編】について

はじめに

本市の所有する学校、市営住宅、医療施設の「公共建築物」、道路施設、河川施設等の「インフラ資産」(これらを総称して「公共施設」という。)は、行政需要や市民ニーズの高まりにより電源立地地域対策交付金等を活用することで他自治体と比べても多くの公共施設を建設してきました。これらは、生活及び産業の基盤や、地域コミュニティの拠点等とし大きな役割を果たしてきました。 しかしながら、既存施設の老朽化の進行と更新時期の集中、人口減少や少子高齢化に伴う社会ニーズの変化、厳しい財政状況、大規模災害等への対応など、公共施設を取り巻く環境は大きく変化しており、その対応を迫られています。 その他、少子高齢化に伴う社会福祉関連経費の増大が確実視されている社会情勢や、近年の税収の伸び悩み等を踏まえると、これまでと同じ水準で公共施設整備への投資を継続していくことは困難であると予想されています。 このような公共施設を取り巻く社会環境の変化に的確に対応するためには、公共施設の現状と課題を調査・分析し、社会ニーズに沿った施設のサービスと量を明らかにしながら、その結果を踏まえた見直しを図るとともに、総合的な視点に立って着実に長寿命化を図ることで、将来にわたり、最適に維持管理する取組が必要不可欠です。 本方針は、本市が所有する公共施設に係る現状と課題を分析し、そのうえで、効率的かつ効果的な維持修繕の実施による長寿命化や施設保有量の最適化など、公共施設を資産として最適に維持管理し、有効活用を図る取組(公共施設マネジメント)に係る基本的な考え方や進め方等を取りまとめたものです。 今後、本方針に基づき、「公共施設マネジメント」を着実に推進し、本市が重点的に取り組む他の政策分野との融合を図りながら、市民と共に安心・安全で上質な価値の高い施設の構築を進めることで、市の活性化や市民生活の質の向上等に資する取組を展開します。

御前崎市公共施設等総合管理計画【方針編】
この記事に関するお問い合わせ先
財政課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1112
ファックス:0537-85-1137

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月09日