平成30年度御前崎市家庭教育支援事業 だれでも食堂「もぐもぐ」 活動報告について

6月28日(木曜日)に白羽公民館で家庭教育支援事業『だれでも食堂「もぐもぐ」』を実施しました。

 本事業は、家庭教育支援員「となりのおばちゃん」が中心となり、地域の宝である子供たちを地域で支えるため、学びの機会の提供、保護者の居場所づくり、家庭教育に関する相談などの一貫として開催しました。

 

 

活動の様子

もぐもぐ食事風景2もぐもぐ食事風景もぐもぐ 調理風景もぐもぐ食事風景支援員さんと もぐもぐ 活動風景もぐもぐ 皿洗い

  今回は、共働きの家庭の親子など29人が参加し、基本的生活習慣の早寝・早起き・朝ごはんの推進や、家庭教育支援員と保護者、保護者同士の交流の場として、カレーを参加者で作り食べました。

もぐもぐ 食後の活動風景もぐもぐ 食後の風景2

 夕食を済ませた後は、家庭教育支援員と親子で折り紙や塗り絵など親子で遊んだり、保護者同士の雑談、保護者が家庭教育支援員への相談の場となりました。

 来場者からはこんな感想がございました。(一部抜粋)

もぐもぐ 感想シール はりつけ

感想一覧

 

「カレーおいしかった」「あそぶのたのしかった」

「お母さん頑張ってるね!!って言ってもらえてうれしかったです」

この記事に関するお問い合わせ先
社会教育課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-29-8735
ファックス:0537-29-8737

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年10月11日