セクシャルハラスメント

職場におけるセクハラとは?

「職場」において行われる、「労働者」の意に反して、相手を不快にする性的な発言や行動をすることをいいます。

 ・性的な冗談やからかい 

 ・食事やデートへの執拗な誘い 

 ・性的な内容の情報(噂)を流す 

 ・身体への不必要な接触 ・性的関係の強要など    

 

 

             

職場のセクハラ対策は事業主の義務です!(男女雇用機会均等法 第11条)

 男女雇用均等法及びそれに基づく指針により、職場における男女双方に対する(同性に対するものも含む)セクハラ対策をして次の措置を講ずることが事業主に義務づけられています。

不快と感じる性的言動を受けたとき、被害にあったときは・・・

【はっきりと拒絶】

 ・不快と感じる性的言動を受けたときは、はっきりと拒絶の意思を相手に示しましょう。

 ・落ち度があったと自分を責めないこと。

 ・がまんしたり、無視したりすると事態がさらに悪化するかもしれません。

【相談窓口を利用】

 ・自分だけで解決しようとしないで、会社の窓口担当者や信頼できる上司に相談し、会社としての対応を求めましょう。

 ・取引先や顧客などからセクハラを受けた場合も、自分の勤める会社に相談してください。

 ・労働組合がある場合は、労働組合に相談する方法もあります。

セクハラは他人事ではありません!会社全体の問題です。

◎周囲の人のこんな態度は「二次被害」を生みます・・・

 ・見て見ぬふりをする。 

 ・被害者に対して「それぐらい我慢しなさい」「気にしすぎなのでは?」などと言う。

 ・加害者に同調する言動をする。

 ・被害者に対して、セクハラされる方にも落ち度がある等と発言する。

セクハラ防止のために事業主、働く人それぞれの立場で取り組むことが重要です。

 

≪参考資料≫

厚生労働省リーフレット「悩んでいませんか?職場でのセクシャルハラスメント」(PDF:1.2MB)

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1161
ファックス:0537-85-1137

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年12月14日