パワーハラスメント

職場におけるパワハラとは?

 職場のパワハラとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させることをいいます。

 1.身体的な攻撃/暴力、傷害

 2.精神的な攻撃/脅迫、侮辱、暴言

 3.人間関係からの切り離し/隔離、仲間外し、無視

 4.過大な要求/業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害

 5.過小な要求/能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない

 6.個の侵害/私的なことに過度に対いる 

※人権や人格を傷つける、職場での役割や存在まで否定する、達成不可能なノルマを課すなどはパワハラです。

パワハラを放置すると・・・

 仕事への意欲や地震を失い、心身の健康を害し、職場の作業効率が悪化、人材の流出や定着率の低下につながります。

 パワハラの行為が組織的に行われていたり、社内の問題を放置していた等の場合は、パワハラを行った本人だけでなく使用者も法的責任を問われることがあります。

こんな職場は要注意!

 ・上司と部下のコミュニケーションが少ない

 ・残業が多く、休みが取りにくい

 ・失敗が許されない、失敗への許容度が低い

 

 

 

 

 

職場のパワハラを防止するために取り組み体制をきちんと作り、啓発しましょう

【予防するために】

  トップメッセージ  組織のトップが、パワハラは職場からなくすべきであることを明確に示す。

 ルールを決める  就業規則に関係規定を設ける、労使協定を締結する。

             予防・解決についての方針やガイドラインを作成する。

 実態を把握する  従業員アンケートを実施する。

 教育する  研修会、講演会を実施する。

 周知する  組織の方針や取り組みについて周知・啓発を実施する。

【解決するために】

 相談や解決の場を設置する

  相談窓口を設置し、相談や苦情に適切かつ柔軟に対応できるよう体制を整える。

  問題解決後の相談者へのフォロー、職場全体としての再発防止に取り組み、職場環境の改善に取り組む

これってパワハラ?と思ったら・・・

パワハラを無視したり、受け流したりしても状況は改善されません。

ひとりで悩まずにまずは相談しましょう。

職場の同僚や上司への相談、社内の相談窓口を利用するなど会社としての対応を求める。

パワハラは単に当事者の個人的な問題ではありません。

周りの人は、パワハラを受けている人がいたら、孤立させずに声をかけましょう。

 

≪参考資料≫

厚生労働省パンフレット「みんなでなくそう!職場のパワーハラスメント」(PDF:3.5MB)

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1161
ファックス:0537-85-1137

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年12月14日