骨粗しょう症検診

 骨粗しょう症とは、骨の量(骨密度)が減り、全身の骨がもろくなって骨折しやすくなる病気です。40代から患者数が増え、50歳以上の女性の3人に1人は骨粗しょう症になるといわれています。骨折・転倒は女性の介護認定の原因疾患第3位でもあります。
 対象年齢の方は、ぜひ受診しましょう。
 結果が「要精密検査」となった方は、速やかに精密検査を受けましょう。

(参考)

対象者(年齢基準日は、その年度の4月1日)

  • 御前崎市に住民登録している40・45・50・55・60・65・70歳の女性
表1_対象者

対象者

(令和2年4月1日現在)

対象生年月日

女性

40歳 昭和54年4月2日から昭和55年4月1日
45歳 昭和49年4月2日から昭和50年4月1日
50歳 昭和44年4月2日から昭和45年4月1日
55歳 昭和39年4月2日から昭和40年4月1日
60歳 昭和34年4月2日から昭和35年4月1日
65歳 昭和29年4月2日から昭和30年4月1日
70歳 昭和24年4月2日から昭和25年4月1日

検診内容

  • 問診
  • X線による骨塩測定量検査(測定部位は、上腕です。)

申込方法

  • 健康づくり課へ電話でお申込みください。

自己負担金

  • 500円

その他

  • 40・50・60・65歳の女性全員と45・55・70歳の女性の受診希望申込者に案内をお送りします。
  • 受診を希望される方は、電話でお問い合わせください。(検診実施期間により受診できない場合があります。)
  • 生活保護世帯の方は、事前申請により自己負担金なしで受診できます。
  • 毎年夏ごろ、骨粗しょう症検診の結果説明会を行っています。予防について学ぶ良い機会ですので、受診者は参加をお勧めします。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1123
ファックス:0537-29-8731

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年02月18日