子宮頸がん検診

 子宮頚がんは、子宮の入り口にできるがんです。子宮頸がんは20~30代の若い女性にもっとも多いがんです。女性なら誰でもかかる可能性のある子宮頸がん。自覚症状はかなり進行しないと現れないことがほとんどです。
 子宮頸がんは、検診により進行がんを防ぎ、死亡を減らす効果が証明されています。定期的に検診を受けましょう。
 結果が「要精密検査」となった方は、速やかに精密検査を受けましょう。

(参考)

対象者

  • 御前崎市に住民登録している20歳以上の女性(偶数年齢)
  • 年齢基準日は、平成31年4月1日現在の年齢

検診内容

  • 問診
  • 内診
  • 細胞診

自己負担金

  • 1,000円(ただしクーポン券対象者は無料)

注意事項

  • 自覚症状のある方は、検診ではなく、婦人科のある医療機関へ受診しましょう。
  • 妊娠中の方の子宮頸がん検診は、妊婦検診で受けられます。そちらを優先してください。
  • 子宮の全摘出手術を受けている方は、検診の必要性をかかりつけ医に相談してください。
  • 検診(細胞診)を受けることで、がんになる前の正常でない細胞の段階で発見することが可能になっています。ただ、がん検診で必ずがんを見つけられるわけではありません。また、がんがなくても結果が「要精密検査」となる場合もあります(偽陽性といいます)。以上をふまえた上で、定期的に(2年に1度は)検診を受けましょう。検診結果が「異常なし」でも気になる症状がある場合には、早めに専門の医療機関へ受診しましょう。

〇子宮頸がん検診を受ける前に

 子宮頸がん検診は、子宮の入り口を広げて、専用のブラシなどで軽くこすって細胞を採取しますので、出血を伴うことがあります。子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)は、性交渉によって感染するので、これまでに1度も性経験及び類似経験のない方は、子宮頸がんになることはほぼありません。ですから、必ずしも子宮頸がん検診を受ける必要はありません。
 性経験のない方は、受ける際に、事前に先生または問診時にお伝えください。
以上をふまえた上で、子宮頸がん検診を受けましょう。

その他

  • 20歳・40歳全員と22歳以上の希望申込み者に受診票をお送りします。
  • 75歳以上の方は自己負担なしで受診できます。
  • 追加などの変更がある方は、随時ご連絡ください。(ただし、検診実施期間により受診できない場合があります。)
  • 生活保護世帯の方は、事前申請により自己負担なしで受診できます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1123
ファックス:0537-29-8731

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月15日