損害賠償請求権等行使請求事件(令和3年(行ウ)第28号)

原告:個人 外 1名の個人

被告:御前崎市長

訴訟の提起

原告らは、被告に対し、平成30年度に池新田方面隊が計画、整備した池新田第二避難所は、避難所として不適地、不必要な事業であって、市及び池新田財産区が支出した補助金は違法支出として、本件関係者5名、工事関係事業者3者に対して1,500万円の損害賠償の請求と工事関係事業者3者には、不当利得返還を請求し、損害を補填する義務があることを求めて、令和3年10月21日付けで静岡地方裁判所に訴状を提出した。

市(被告)の主張

本件訴訟は、地方自治法第242条の2に基づく住民訴訟であり、その前提となる適法な住民監査請求を経ていないため、同条の要件を欠き違法である。原告らの訴えは、訴訟に値する理由が無く、却下を求めて係争する。

訴訟の経過

令和3年10月21日(木曜日) 提訴
令和4年1月14日(金曜日) 第1回期日_口頭弁論
次回
令和4年5月27日(金曜日) 第2回期日_弁論

この記事に関するお問い合わせ先
総務課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1132
ファックス:0537-85-1136

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年04月05日