軽自動車税

目次

軽自動車税とは

 軽自動車税とは、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車(以下、「軽自動車等」)に対し、主たる定置場所在の市町村において、その所有者に課税する税金です。

 税制改正により、令和元年(2019年)10月1日から軽自動車税は「種別割」と「環境性能割」の2種類で構成されることになりました。税制改正についての詳細はこちらをご覧ください。

 

軽自動車税(種別割)の税率

 軽自動車税(種別割)は、自動車税(種別割)とは異なり、月割課税制度がありません。基準日である4月1日に所有していた場合、その年度は1年間課税されます。

 グリーン化を進める観点から、最初の新規検査から13年経過した車に重課税が適用されます(令和元年度は平成18年3月までに新規登録された車両に適用されます)。また、三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについては、令和元年度のみグリーン化特例(軽課税率)が適用されます。

  詳しくは「平成27年度及び平成29年度の軽自動車税の税制改正について(PDF:115.4KB)」をご参照ください。

 

原動機付自転車、二輪の軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車

税率(税額)
車種 税率
平成27年度まで 平成28年度以降
原動機付自転車 総排気量50cc以下 1,000円 2,000円
総排気量90cc以下 1,200円 2,000円
総排気量125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400円
その他 4,700円 5,900円
軽二輪車 総排気量250ccまで 2,400円 3,600円
被けん引車(二輪のもの) 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 総排気量250cc超 4,000円 6,000円

 

四輪以上および三輪の軽自動車

 税率については、「最初の新規検査」の年月で判定します。自動車検査証に記載された「初度検査年月」でご確認ください。

税率(税額)
車種 税率
平成18年3月以前の初度検査年月(重課) 平成18年4月~平成27年3月までの初度検査年月 平成27年4月以降の初度検査年月
軽自動車 三輪のもの 4,600円 3,100円 3,900円
四輪の乗用 営業用 8,200円 5,500円 6,900円
自家用 12,900円 7,200円 10,800円
四輪の貨物用 自家用 4,500円 3,000円 3,800円
営業用 6,000円 4,000円 5,000円

※表の内容は、令和元年度のものです。

※動力源又は内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車並びに被けん引車は除きます。

 

軽自動車税(環境性能割)の税率

 新しく市税として創設されたもので、令和元年10月1日以後の軽自動車の取得に対して適用されます。

 環境性能割は、新車・中古車を問わず取得された三・四輪以上の車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して、取得(登録)時に課税されます。

 環境性能割は納税の便宜のため、当面の間は静岡県が賦課徴収を行います。納税手続きは自動車取得税と同様の流れとなります。

 消費税率引上げに伴う対応として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の軽自動車を取得する場合は、環境性能割の税率が1%軽減されます。この軽減措置には、中古車も含まれます。詳しくは以下の表をご参照ください。

 

環境性能割の税率
燃費性能等 軽自動車の税率
自家用(取得日別) 営業用
令和元年10月1日から令和2年9月30日の間(臨時的軽減後) 令和2年10月1日以降(通常時)
電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車等 非課税 非課税 非課税
ガソリン車(ハイブリッド車を含む)

平成30年排出ガス規制からNOx50%低減達成車又は平成17年排出ガス規制からNOx75%低減達成車(★★★★)

令和2年度燃費基準+20%達成車 非課税 非課税 非課税
令和2年度燃費基準+10%達成車
令和2年度燃費基準達成車 1% 0.5%
平成27年度燃費基準+10%達成車 1% 2% 1%
上記以外 2%

 

各種手続き

市役所で手続き可能なもの

 市役所では原動機付自転車(125cc以下のバイク及びミニカー等)・小型特殊自動車(トラクター・フォークリフト等)のみ、登録・廃車が可能です。以下の表を参考にしながら、必要な持ち物を確認してください。なお、表に当てはまらない場合は、一度税務課までご相談ください。

 小型特殊自動車に該当するフォークリフト等には、公道走行の有無に関わらず軽自動車税(種別割)が課税されますので、軽自動車税(種別割)の申告を行ってナンバープレート(課税標識)の交付を受ける必要があります。

 他の人に車両を譲る場合や相続等で名義を変更する場合、スクラップをしたい場合には、必ず廃車の手続きが必要となります。廃車の手続きをしていない場合、納税義務者に課税され続けることになりますので、ご注意ください。

申告理由 持ち物
新規登録 販売店で購入した 1.販売証明書
2.所有者使用者の印鑑 ※
3.所有者・使用者が未成年者の場合のみ免許証のコピー
名義変更 人から譲ってもらった 【未廃車の場合】
1.ナンバープレート
2.標識交付証明書
3.譲渡証明書(こちらの様式(PDF:51KB)をお使いください)
4.所有者使用者の印鑑 ※

★市町村によっては他市での廃車を認めていない場合もありますので、必ず前市町村でご確認の上、手続きにお越しください。
【廃車済みの場合】
1.廃車証明書
2.譲渡証明書(前市町村にて発行)
3.所有者使用者印鑑 ※
管轄変更 市外から引っ越してきた 【未廃車の場合】
1.ナンバープレート
2.標識交付証明書
3.所有者使用者の印鑑 ※

★市町村によっては他市での廃車を認めていない場合もありますので、必ず前市町村でご確認の上、手続きにお越しください。
【廃車済みの場合】
1.廃車証明書
2.所有者使用者の印鑑 ※
廃車 使わなくなった 1.ナンバープレート
2.標識交付証明書
3.所有者使用者の印鑑 ※
市外へ引っ越す
市外の人へ譲る
1.ナンバープレート
2.標識交付証明書
3.所有者使用者の印鑑 ※
スクラップ・紛失・盗難で車両がなくなった 1.標識交付証明書
2.所有者使用者の印鑑 ※
3.弁償金(300円)
4.盗難届(盗難の場合のみ)
御前崎市でのナンバーは取得せずに、他市町村ナンバーの車両の廃車だけをしたい 他市町村ナンバーの廃車のみは受け付けておりません

※ 印鑑は、朱肉を使用するものをお持ちください(スタンプ印は不可)。法人が登録する場合は、法人の代表者印が必要です。

 

市役所で手続きができないもの

 以下の車両については、所定の管轄機関での手続きをお願いします。

種類 管轄機関 話番号
軽二輪車(126cc~250cc以下のバイク) 静岡運輸支局 浜松自動車検査登録事務所 050-5540-2052
小型自動二輪(250ccを超えるバイク)
軽自動車(660cc以下の三・四輪車) 軽自動車検査協会 静岡事務所浜松支所 050-3816-1777

 ※モータース等で手続きの代行が可能な場合もありますので、ご確認ください。

 

よくあるご質問

 よくあるご質問は、こちらに掲載されています。

 解決しない場合には、税務課までお問い合わせください。

 

軽自動車税(種別割)減免制度について

 身体障がい者、戦傷病者、知的障がい者及び精神障がい者が通院等の為に使用する軽自動車、もしくはその構造が専ら身体障がい者等の為の利用に供する為の軽自動車等について減免を受けることができます。

 申請は、毎年4月1日から軽自動車税(種別割)の納期限の7日前までに、税務課の窓口にて受け付けています。継続して減免を受ける場合でも申請は毎年必要となりますので、ご注意ください。

 詳しくはこちらをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
税務課
〒437-1692 静岡県御前崎市池新田5585番地
電話:0537-85-1114
ファックス:0537-85-1138

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年10月01日